ダイエット医薬品というものをご存知でしょうか?ゼニカルは実際に痩せられる効果が実証済みのダイエット医薬品です。ダイエットの最終兵器のような存在ゼニカルについて知りたければ当サイトをくまなくチェック!

多様な薬
  • ホーム
  • ベージュ細胞やゼニカルで行うダイエット

ベージュ細胞やゼニカルで行うダイエット

最近まで脂肪細胞は、中性脂肪を取り込む白色脂肪細胞(皮下や内臓に存在)、エネルギー代謝が高い褐色脂肪細胞(鎖骨付近や胸まわりに存在)の2つが注目されていました。
ところが、ここ最近では鎖骨周辺からベージュ細胞という新しい脂肪細胞が発見されました。
今までは褐色脂肪細胞を刺激するために、お風呂で肩甲骨まわりにお湯と水を交互にかける方法がダイエットに良いと言われていました。
そのほか、肩甲骨周辺のストレッチや筋肉を刺激するためのエクササイズなども有効とされていまいた。
褐色脂肪細胞さえ活性化できれば痩せると思うかもしれませんが、実は褐色脂肪細胞は加齢とともに減少してしまいます。
赤ちゃんの時期には多いのですが、40歳以上ではほとんど効果が期待できないレベルにまで減ってしまいます。

それに代わって注目され始めたのが、ベージュ細胞です。
ベージュ細胞は白色脂肪細胞のなかに豆粒ほどの大きさで散在している細胞で、褐色脂肪細胞のようなダイエット効果が期待できる細胞と言われています。
ベージュ細胞を増やすには、寒さの刺激や筋肉運動で分泌される「イリシン」というホルモンを増やすことがポイントとされています。
温めたり冷やしたりという冷温を切り替える刺激は、お風呂でお湯と水を交互にかけることで可能です。
これにより筋肉が収縮を繰り返して、筋肉を刺激することもできます。
ベージュ細胞はよくわからないからすぐに効果が得られるダイエット方法が良いという人は、ゼニカルというダイエット薬を使ったダイエット方法があります。
ゼニカルは脂肪を燃やす効果はありませんが、脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害することで、脂肪の吸収を約30%減らして痩せさせる薬です。